ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 入札・契約・登録 > 鴻巣市発注工事における週休2日制モデル工事の試行について

本文

鴻巣市発注工事における週休2日制モデル工事の試行について

ページID:0019367 更新日:2023年11月10日更新 印刷ページ表示

鴻巣市発注工事における週休2日制モデル工事の試行について

 建設業は、良質な社会資本の整備を通じて国民生活に貢献するという重要な役割を担っていますが、一方で他産業と比較して労働時間が長く、休日数が少ないことが課題となっています。労働者の健康確保やワーク・ライフ・バランスの改善、また将来の担い手を確保するためにも、休日数を増やし、より働き易い職場環境づくりを行っていくことが必要です。
 こうしたことから本市では、将来にわたる公共工事の品質確保及びその担い手の中長期的な確保・育成を図るため、令和6年1月以降に入札公告等を行う全ての土木工事及び営繕工事について、週休2日制モデル工事(以下「モデル工事」という。)を試行してまいります。

1 対象工事

 モデル工事は、原則として全ての工事を対象とします。ただし、次に掲げる工事はモデル工事としない場合があります。
(1)竣工時期や現場条件(出水期、交通規制、夏季休暇中に完成が求められる等)に制約が大きい工事
(2)緊急を要する工事(災害復旧工事(緊急随契を行うような工事)、応急工事等)
(3)単価契約方式による工事
(4)対象期間が1週間未満の土木工事及び1か月未満の営繕工事
(5)前各号に掲げる場合のほか、週休2日の実施が困難な工事

 

2 発注方式及び休日形態の概要

(1)「発注者指定型」は、発注者が週休2日に取り組むことを指定する方式で、休日形態は4週8休以上のみです。現場施工完了後、4週8休に満たない場合は請負代金額のうち当該補正の差分が減額となります。

休日形態 定  義
4週8休以上 現場閉所率28.5%(8日/28日)以上

(2)「受注者希望型」は、受注者が工事着手前に発注者に対して週休2日に取り組む旨を協議した上で取り組む方式です。現場施工完了後、4週8休に満たない場合は現場閉所状況に応じ、請負代金額のうち当該補正の差分が減額となります。

休日形態 定  義
4週8休以上 現場閉所率28.5%(8日/28日)以上
4週7休以上4週8休未満 現場閉所率25.0%(7日/28日)以上28.5%未満
4週6休以上4週7休未満 現場閉所率21.4%(6日/28日)以上25.0%未満

3 その他

(1)モデル工事の試行について、「鴻巣市土木工事における週休2日制モデル工事試行要領」及び「鴻巣市営繕工事における週休2日制モデル工事試行要領」(以下「モデル工事試行要領」という。)により必要な事項を定めるものとします。
(2)「発注者指定型」及び「受注者希望型」については当初の設計金額において、既に4週8休以上としての経費が補正されています。
(3)工事成績評定において、現場閉所達成状況に応じて加点を行います。
(4)施工に当たっては、モデル工事試行要領に定める書類を提出していただきます。

鴻巣市土木工事における週休2日制モデル工事試行要領 (PDF:112KB)

鴻巣市営繕工事における週休2日制モデル工事試行要領 (PDF:111KB)

鴻巣市モデル工事アンケート:元請け (Excel:39KB)

鴻巣市モデル工事アンケート:下請け (Excel:38KB)

様式第1、2号 休日取得計画・実績書(鴻巣市)(Excel:235KB)

【記入例】様式第1、2号 休日取得計画・実績書 (鴻巣市)(Excel:128KB)

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

電子入札について