ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 介護保険課 > エンディングノート

本文

エンディングノート

ページID:0017107 更新日:2023年8月10日更新 印刷ページ表示

大切な人たちへ遺す「わたし」の整理帳

エンディングノート表紙の写真

鴻巣市 大切な人たちへ遺す「わたし」の整理帳 (PDF:21.23MB)

エンディングノートは、自分の人生を振り返るとともに、終末期や最期の希望など、残された家族の方などがさまざまな判断や手続きをする際に困らないよう、必要な情報を書き残すためのものです。
遺言書とは異なり法的な効力はないため、形式や書き方にとらわれず自由に書くことができます。
エンディングノートを書くことで、自分のことを見つめ直し、考えを整理するきっかけになるだけでなく、判断能力や意思決定能力の喪失を伴う病気等にかかった場合の治療や介護、財産等に関する思いや希望を伝える重要な役割があります。
残される家族のため、最期まで自分らしく生きるためにも、エンディングノートを活用してみましょう。
 

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)
介護保険運営協議会 高齢者福祉計画・介護保険事業計画