鴻巣市役所第2庁舎跡民間活力導入可能性調査

事業概要及び総合評価

 本業務は、令和元年度に実施した中央公民館エリア再編に向けた民間活力導入可能性調査において、民間事業者から本地域での参画可能性が寄せられたことを受け、中央公民館エリアが有する公共機能の移転を含めて、新たに第2庁舎跡の活用について検討を行ったものです。

 施設の老朽化及び防災機能の強化を図るため、市庁舎の再編整備により使われなくなった市役所第2庁舎について、公共機能集積エリアの強みを生かし、民間提案等による公共資産の有効活用について、民間活力導入可能性調査を実施しました。

 そしてこのたび、公民連携手法の導入について総合評価がまとまりましたのでその概要についてお知らせいたします。

 

鴻巣市役所第2庁舎跡民間活力導入可能性調査(PDF:419.8KB)

これまでの取組

令和2年度市役所第2庁舎跡を活用した施設整備ワークショップを開催

 公共施設が多く集積する「鴻巣市役所第2庁舎跡周辺エリア」を対象として、地域の特性や施設の置かれている状況を踏まえ、「地域に本当に必要な公共施設」について、専門家だけではなく、様々な立場の市民の皆さんが主役となって、“地域の賑わい”や“活力あるまちづくり”につながる公共施設の最適化を目指した検討を行いました。

  ワークショップの概要や事業報告等については、こちらをご覧ください。

 

 

この記事に関するお問い合わせ先
総合政策課企画担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-543-5480
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2021年8月30日