【3月3日更新】ロシアによるウクライナ侵攻に関する市長メッセージ

市長メッセージ

 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻により、子どもたちを含む多くの一般市民が犠牲となっています。日々の報道を目にするたびに大変胸を痛めており、犠牲となられた全ての方に深い哀悼の意を表します。

 このたびの一連の行為は、国際社会の平和と秩序を脅かす暴挙であり、断じて容認することはできません。

 さらには、核兵器の使用を示唆するなど、昭和62年に「非核平和都市」を宣言し、長年にわたり核兵器の廃絶、世界の恒久平和達成に向けて取り組んできた本市としては、大変残念なことです。

 鴻巣市議会においても、3月2日に、「ロシアによるウクライナへの侵攻に強く抗議し、攻撃の即時停止を求める決議」を全会一致で可決しました。また、私が会長を務める埼玉県市長会においても、本日、ロシア大使館へ抗議文を送付しました。

 私は、ロシア軍の即時撤退と、国際法に基づく平和的解決に向けた誠意ある対応を強く求めるとともに、一日も早く平和な世界が戻ってくることを切に願っています。

 

                                 令和4年3月3日

                                 鴻巣市長 原口 和久

この記事に関するお問い合わせ先
秘書課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2022年3月3日