市長室へようこそ

令和4年度のスタートにあたって

 日頃より市政の推進にあたり、ご理解、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

 国内で初めて新型コロナウイルス感染症の感染者が確認されてから2年が経過しましたが、市では、感染拡大当初から、積極的なコロナ対策を継続しながら、市民の皆さんの感染防止や生活支援、事業者の皆さんの経済支援を行ってまいりました。

 また、昨年度は、子育て世帯特別給付金や住民税非課税世帯等臨時特別給付金を県内最速レベルで支給したほか、ワクチン接種についても、鴻巣市医師会等との連携により、全国や埼玉県の平均を大きく上回る約88%の市民の皆さんが2回目の接種を終えております。

 そこで、令和4年度におきましては、まずは、3回目のワクチン接種について、希望者に対して早期の接種完了を目指してまいります。また、1冊1万円に対して30%のプレミアムを付した「鴻巣プレミアム付商品券」を6万冊発行するほか、飲食その他多目的に利用でき、500円ごとに200円の割引となる「こうのすげんき応援隊クーポン券(6枚綴り)」を広報かがやきと一緒に2か月にわたり配布するなど、コロナ禍において諸物価の上昇等の影響を受けている市民の皆さん、事業者の皆さんへの緊急支援を行います。

 その上で、誰一人取り残さない社会を目指すSDGsの理念を全事業に取り入れ、昨年10月に行った2050年までに温室効果ガス排出量実質ゼロを目指す「鴻巣市ゼロカーボンシティ」宣言に基づき、新たな補助メニューの創設や中学校給食残渣の堆肥化など、脱炭素社会の実現に向けた取組を積極的に推進するほか、DXの有効活用により市民の皆さんの利便性向上を図ります。

 そして、昨年10月から飼育を開始したコウノトリの放鳥を目指し、市民の皆さんや事業者の皆さんと協働でコウノトリが生息できる環境づくりに取り組むほか、

 「花」と「緑」を生かした取組として、鴻巣駅東口から免許センターまでを花で装飾するフラワーロードや吹上駅自由通路ヘのフラワーデザインアートの設置など、「花のまちこうのす」ならではの特色ある事業を展開してまいります。

 また、重点事業として、「道の駅整備事業」では、造成工事を行うほか、「産業団地の推進」では、県企業局と連携して整備を進め、県による早い段階での公募につなげてまいります。「新ごみ処理施設整備推進事業」では、基本合意に基づき、組合における新施設建設に向けた事業展開を図るとともに、「大間近隣公園整備事業」では、高崎線西側地域の拠点公園として、令和5年春の供用開始を目指してまいります。

 このほか、主要事業として、4月1日にオープンしたにぎわい交流館「にこのす」において、地域食材を活用した食事等の提供等を通じて新たなにぎわいの創出を目指すとともに、防災対策として、総合体育館のアリーナ、武道場等にエアコンを設置します。

 また、川里ひまわり保育園の園庭芝生化や遊具の更新、保育所等のお散歩活動などの安全確保のためのキッズゾーンを設定するなど、子育て環境の整備を推進するほか、こうのす乗合タクシーの車両を1台追加して実証運行を継続し、交通の利便性向上を図ります。

 さらに、75歳以上で独居の高齢者を対象に、本市が指定する見守りサービスの利用に際して月額2千円を補助する事業を開始するなど、高齢者の皆さんの健康増進、介護予防の事業を推進してまいります。

 私は、本市のまちづくりの指針となる「第6次総合振興計画後期基本計画」がスタートする令和4年度を「輝く未来へ羽ばたく一年」と位置づけ、コウノトリが大空に向かって羽ばたく姿を市政運営に重ね、さらなる発展に向けて全力で取り組んでまいりますので、引き続き、市民の皆さんのご理解、ご協力をお願い申し上げます。

 

 

この記事に関するお問い合わせ先
秘書課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2021年4月15日