幼稚園や保育施設で「花育」を実践しています

幼保施設花いっぱい事業

 鴻巣市は、市の花「パンジー」をはじめとする花の一大産地であり、季節ごとに色とりどりの花に包まれるまちです。

 将来都市像である「花かおり 緑あふれ 人輝くまち こうのす」の実現に向け、令和2年12月に「花と緑の都市宣言」を制定しました。

 次世代を担う子どもたちの豊かな創造性を伸ばすとともに、花に触れることで花への愛着を深めることを目指し、市内幼稚園及び保育施設において花育活動を行っています。園庭などに子どもたちが花を植え、日々の水やりを通して優しさや美しさを感じる気持ちを育みます。

 なお、本事業は埼玉県ふるさと創造資金を活用し実施しています。

令和3年6月

 幼稚園及び保育施設36施設に、マリーゴールドの花苗1,800ポット、サルビアの花苗1,800ポット、ひまわりの種39袋を配付しました。各園で子どもたちを中心に植え込みを行い、園庭等を鮮やかに彩ります。

今後も、季節ごとの花を育てていく予定です。

この記事に関するお問い合わせ先
保育課保育担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2022年3月15日