笠原小学校の閉校について

笠原小学校は令和4年3月31日をもって閉校します

令和2年12月定例会において「鴻巣市立学校設置及び管理条例の一部を改正する条例」が可決されました。この条例の改正内容等について、お知らせします。

 

1.条例の改正内容

鴻巣市立笠原小学校を令和4年3月31日をもって閉校とするものです。

 

2.条例の改正趣旨

  笠原小学校の児童数が今後、著しく減少していくことが予想され、複数の学年で、複式学級となり、他の学校と比べても、教育的な格差が広がっていく可能性もあることから、何よりも子どもたちの将来に向けたより良い教育環境を提供することを第一に考え、「鴻巣市立小・中学校の適正規模及び適正配置に関する基本的な考え方」に基づき、適正規模化に向けた対応を図るものです。

 

3.今後の予定

 令和4年4月1日の鴻巣中央小学校との統合に向けて、スクールバスの導入、在校生による交流事業の実施、学校関係者をはじめ、保護者や地域の皆さん等で組織する統合準備委員会を設置するなど、児童が環境の変化にスムーズに対応し、安心して通学ができるよう準備を進めます。

 

この記事に関するお問い合わせ先
教育総務課小・中学校適正配置担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎3階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-1930
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2021年3月18日