「地区防災計画策定の手引き」を作成しました

1.地区防災計画とは

 あらゆる災害等に備え、国は防災基本計画を、県及び市は地域防災計画を策定し、それぞれのレベルで防災活動を行っています。
 しかし、東日本大震災の際に、自助、共助及び公助が連携できないと災害対応がうまくいかないことが強く認識されました。
 その教訓から平成25年に改正された災害対策基本法では、自助及び共助に関する規定が追加されました。その際、地域コミュニティにおける共助による防災活動の推進の観点から、市町村内の一定の居住者及び事業者(地区居住者等)が行う自発的な防災活動に関する「地区防災計画制度」が新たに創設されました。
 地区防災計画は地区居住者等がお互いに支援し合う共助の活動内容であって当該地区に必要なものを自由に記載できる計画です。

2.地区防災計画策定について

 地区防災計画を策定するのにあたり、ポイントをまとめた手引きを作成いたしました。地区防災計画の策定にお困りの場合は、鴻巣市役所危機管理課までご連絡ください。

 

鴻巣市地区防災計画策定の手引き (PDF:1.1MB)

この記事に関するお問い合わせ先
危機管理課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1
(新館2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2021年3月17日