鴻巣市回収ごみ組成調査の結果について

ごみの組成調査とは

ごみの減量と再資源化の促進を図るため、市内で回収された家庭系ごみ(燃やせないごみとプラスチック製容器包装類)の分別状況を調査しています。

調査対象

家庭から排出された燃やせないごみ、プラスチック製容器包装類

調査方法

3地域(鴻巣、吹上、川里)ごとに10kgのごみを無作為に抽出し、分別状況を調査する。

実施日

令和3年11月22日(月曜日)、令和3年11月25日(木曜日)

分別の様子

現場の様子

調査結果

令和3年度のごみの組成調査の結果は以下の通りとなります。

燃やせないごみ

燃やせないごみの調査結果
燃やせないごみ(全地域)

重量(kg)

燃やせないごみ 11.7 35.2
燃やせるごみ 0.5 1.5
プラスチック製容器包装類 3.5 10.5
ビン 0.7 2.0
カン 0.2 0.5
ペットボトル 1.4 4.2
布類 1.1 3.3
金属類 3.4 10.1
小型家電(最長辺30cm以下) 4.7 14.1
その他(乾電池、蛍光管等) 0.3 0.9
紙類 0.3 0.9
粗大ごみ(マットレス等) 5.6 16.8
               合計 33.3 100

プラスチック製容器包装類

プラスチック製容器包装類の調査結果
プラスチック製容器包装類(全地域)

重量(kg)

プラスチック製容器包装類 22.9 67.2
燃やせるごみ 0.9 2.6
燃やせないごみ 9.0 26.4
ペットボトル 1.2 3.5
                   合計 34.1 100

 

【参考】前回平成30年度のごみの組成調査の結果は以下のとおりとなります。

燃やせないごみ

燃やせないごみの調査結果
燃やせないごみ(全地域)

重量(kg)

燃やせないごみ 24.1 80.4
燃やせるごみ 0.5 1.7
プラスチック製容器包装類 2.7 9.0
ペットボトル 0.1 0.3
布類 2.5 8.3
金属類 0.1 0.3
  30 100

プラスチック製容器包装類

プラスチック製容器包装類の調査結果
プラスチック製容器包装類(全地域)

重量(kg)

プラスチック製容器包装類 27.5 91.7
燃やせないごみ 0.1 0.3
燃やせないごみ 0.5 1.7
ペットボトル 1.9 6.3
  30 100

 

分別状況

燃やせないごみ、プラスチック製容器包装類のどちらにも、再資源化可能なペットボトルが含まれていました。

燃やせないごみには、食品トレイやパッケージなどのプラスチック製容器包装類が含まれ、資源回収品目である布類が多く含まれていました。

また、燃やせないごみには、最長辺30cm以下の小型家電類が多数含まれていました。小型家電類は金属類として再資源化できるだけでなく、中間処理の過程で、発火などの恐れがあります。必ず、金属類としてお出しください。

前回調査を実施した平成30年度よりも、分別の誤りが増加しており、多様化する製品に対して、ごみの分別が守られていない現状があることが分かりました。

ごみの減量・再資源化のためには、更なる分別の徹底が必要になります。引き続きご協力をお願いいたします。

分別については、ごみと資源の分別マニュアルをご参考ください。また、鴻巣ごみ分別アプリeconosuも配信中ですので、ぜひご活用ください。

ごみ分別収集日程表・分別マニュアル

鴻巣ごみ分別アプリ「econosu エコノス」が無料配信中です!

この記事に関するお問い合わせ先
環境課廃棄物・リサイクル担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8462
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2022年1月17日