ごみ収集における熱中症対策について(収集作業員のマスク着用について)

ごみ収集における熱中症対策について

ごみの収集の現場において、作業員は夏季の気温・湿度が高い中で収集作業を実施しているため、マスクを着用することにより、熱中症のリスクが高くなる恐れがあります。

そのため、屋外で、人と2m以上の十分な距離が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクを外して作業を行う場合があります。

市民の皆様におかれましては、このことにご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

今後も安全にごみ収集業務が継続できるよう、一層のご理解とご協力をお願いします。

環境省(熱中症予防行動)

この記事に関するお問い合わせ先
環境課廃棄物・リサイクル担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8462
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2021年7月19日