鴻巣市にぎわい交流館「にこのす」

鴻巣市にぎわい交流館公式ホームページ

鴻巣市にぎわい交流館「にこのす」公式ホームページ

お知らせ

下記日程について、施設設備点検等のため、臨時休館とさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力をお願いいたします。

 

【臨時休館日】 令和4年6月20日(月曜日)

 

4月1日(金曜日)オープン!

オープン記念として、にぎわい交流館をご利用いただいた方、先着300名様にお花をプレゼントいたします。(無くなり次第終了)

テープカット

パスタ

がパオ

施設の概要

 鴻巣市にぎわい交流館は、地域食材を活用した商品の開発、提供等を通じて、産業の振興及び人々の交流の促進を図ることにより地域のにぎわいを創出し、本市の魅力あるまちづくりを推進するために誕生した施設です。

愛称「にこのす」

 愛称募集には、市内外から105作品(58人)の応募があり、選考の結果、市内在住の嶋田真大(しまだまひろ)さんの作品「にこのす」に決定しました。

 鴻巣の笑顔が集う場所「にこにこ笑顔の巣」のような場所に相応しい名前として考案された「にこのす」には子どもからお年寄りまでたくさんの人の笑顔が絶えない場所になってほしいという願いが込められています。

1階 カフェ

本市と「地場産業の振興等に関する包括連携協定」を締結している女子栄養大学、日本薬科大学の学生が考案した産官学連携メニューをはじめ、地域食材を使用したメニューを提供するほか、使用している食材等の物販コーナーもあります。

 カフェエリアには親子スペースや、キッズスペース、授乳室も完備。デジタルサイネージを設置し様々な情報を発信します。

女子栄養大学・日本薬科大学と産官学連携で開発した「花畑ランチプレート」

このほかにも、地域食材を使用したメニューが提供されます。

座り心地の良いソファ席もあります

授乳コーナーの奥にはキッズスペースがあり、絵本や国産木材のおもちゃで遊べます

2階 多目的室、食品加工室

会議、セミナー、展示会等に利用できる多目的室は、予約がない場合は、コワーキングスペースとして共用利用が可能です。食品加工室は、食と健康に関するワークショップや特産品の開発などに利用できます。

 

【利用料金】
貸出施設 午前(9時~12時) 午後(13時~17時) 夜間(18時~21時30分)
(1)多目的室(貸切) 1,000円 1,500円 1,800円
(2)多目的室(一部利用) 100円 150円 150円
(3)食品加工室 550円 700円 800円

注意

 

(1)(3)の利用申請は、利用日の属する月の6か月前の月の初日から、(2)の利用申請は利用日の7日前までに貸切の申請がなかった場合に翌日から受付けます。

営利目的で利用する場合は、上記利用料金の150%の金額となります。

午前・午後と連続して利用する場合、12時から13時までの料金は発生しません。午後・夜間においても同様です。

食品加工室

多目的室

Free Wi-Fiが利用可能です

住所

鴻巣市中央1番32号

連絡先

電話:048-541-2901
ファックス:048-541-2902

開館時間

カフェ営業時間:10時から17時30分 

貸出施設利用時間:9時から21時30分

注意:夜間(18時から21時30分)の利用については、事前予約が必要です。

休館日

年末年始(12月28日から1月3日)

注意:施設の保守点検等で臨時休館日を設ける場合があります。 

交通案内

電車 JR高崎線鴻巣駅下車 東口より徒歩17分
バス JR鴻巣駅東口ロータリー
・1番乗り場 加須車庫線・加須駅南口線・福祉センター線で「鴻巣市役所前」下車、徒歩約3分
・2番乗り場 真名板十字路線・堂裏線・新落合橋線で「市役所入口」下車、徒歩約3分
・3番乗り場 免許センター線で「市役所入口」下車、徒歩約3分

市役所駐車場をご利用ください

運営事業者

 事業者が有する専門性と運営実績を活用して、地域食材を活用した商品の開発、提供等を通じて産業の振興及び人々の交流の促進を図るため、施設の管理運営については指定管理者制度を導入します。公募により次のとおり決定しました。

指定管理者

アイル・コーポレーション株式会社

指定期間

令和4年4月1日~令和7年3月31日(3年間)

関連リンク

鴻巣市にぎわい交流館「にこのす」公式ページ

この記事に関するお問い合わせ先
商工観光課商工労政担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8461
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2022年6月7日