令和4年1月から、一部の窓口でセミセルフレジを導入します

市民課・税務課・吹上支所・川里支所の各窓口に、新型コロナウイルス感染症対策として、利用者が職員に現金を受け渡すことなく、画面の案内に従って直接自動釣銭機に現金を投入していただくことで支払いが可能なセミセルフレジを導入します。

市民課・税務課は令和4年1月17日(月曜日)~、吹上支所・川里支所は同年2月1日(火曜日)~利用開始。

住民票の写しや税関係の証明書交付等の手数料の支払いにご利用いただけます。

既に上記窓口で利用可能なキャッシュレス決済(PayPay・LINE Pay)とあわせて、利用者の支払いの安全性と利便性を高めます。

証明書発行手数料の支払いにPayPay・LINE Payが使えるようになります

導入するセミセルフレジのイメージ画像

導入するセミセルフレジのイメージ画像

 

(問い合わせ窓口)
市民課(内線2435)
税務課(内線2252)
吹上支所市民グループ(電話548-1212)
川里支所地域グループ(電話569-1111)

 

市民課窓口では、セミセルフレジ導入と同じタイミングで窓口電子化の一環として『書かない窓口』も始まります(令和4年1月17日~)。

市民課窓口で『書かない窓口』を始めます!

この記事に関するお問い合わせ先
市民課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2022年1月14日