国民健康保険税の特別徴収について

年金からの天引き(特別徴収)について

 次のすべてに該当する場合、国民健康保険税(国保税)が公的年金から特別徴収(天引き)されます。

  1. 世帯主が国保の被保険者である。
  2. 世帯の国保加入者全員が、65歳以上75歳未満である。
  3. 対象となる公的年金の年額が18万円以上である。
  4. 国保税と介護保険料の合計金額が、年金受給額の2分の1以下である。

仮徴収月

4月 6月 8月

本徴収月

10月 12月 2月

 

  • 仮徴収とは、前々年の所得をもとに仮算定した保険税額になります。
  • 本徴収とは、前年の所得を基に算定した年間保険税額から仮徴収分を差し引いた額となります。 

 ただし、転入や国保加入届け出の時期により、特別徴収できないことや、遅れることがあります。
 この場合は普通徴収で納付をお願いすることになります。

 また、75歳になる年度は特別徴収の対象から外れますので、納付書か口座振替で納付してください。

この記事に関するお問い合わせ先
国保年金課保険担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2016年7月19日