マイナンバーカードが被保険者証(保険証)として利用できるようになります!(本格運用は令和3年10月頃を予定)

 

マイナンバーカードが被保険者証として利用できるようになります。

利用には事前の登録が必要となり、登録の申し込みはマイナポータル(外部サイト)で行うことができます。

なお、マイナンバーカードの被保険者証利用には、ICチップ内の「電子証明書」を使うため、マイナンバー(12桁の数字)は使われません。医療機関等の受付窓口でマイナンバーを取り扱うこともありません。

マイナンバーカードの被保険者証利用が始まっても、被保険者証は引き続きお使いいただけます。

 

マイナンバーカードを被保険者証として利用するメリットについて

被保険者証としてずっと使うことができます

就職や転職、引越しをしても被保険者証の切り替えを待たずに、マイナンバーカードで受診できます。

各健康保険への加入、脱退の届出は引き続き必要です。

窓口への書類の持参が不要になります

オンラインによる医療保険資格の確認により、高額療養費の限度額適用認定証などの持参が不要になります。

健康管理に活用できます

マイナポータルで、自分の薬剤情報や特定健診情報を確認できるようになります。

患者の同意のもと、医師や歯科医師がオンラインで薬剤情報や特定健診情報を、また、薬剤師も薬剤情報を確認できるなど、より多くの情報をもとに診療や服薬管理が可能です。

医療費控除に活用できます

マイナポータルを活用して、ご自身の医療費情報を確認できるようになります。

情報を取得し、医療機関等の領収書がなくても手続きができるようになります。

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先
国保年金課保険担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2021年9月6日