保険を使って雨どい等の修理が無料になるとの広告に注意!

保険を使った雨どい等の無料修理の広告に注意しましょう

 

 火災保険を使って雨どい等の修理が無料になると広告がきたが、本当にあるのかという相談が増えています。

 

 火災保険等には自然災害による家屋等の損害も補償する商品があり、これを当て込んだセールスと思われます。

 実際にセールスしている会社と、ご加入されている保険会社は往々として無関係であり、工事をしても費用が必ず保険でまかなわれるとは限りません。保険金が出たとしても、申請代行した業者が申請手数料を先取りするケースもあります。また、契約金を請求されるといった相談も寄せられています。

 

 これらの保険の目的は、自然災害によって発生した家屋・家財の損害を補填するためであり、経年劣化で用いることは不適切です。保険会社の査定によっては契約違反とみなされ、いったん支払われた工事代金の返還を求められ、契約していた保険契約そのものまで無効になることもあります。

 

 火災保険の補償範囲は、商品や契約内容によって様々です。実際に自然災害による被害・損害が発生した場合、速やかに被害状況の記録を残しつつ、契約内容と補償範囲を再確認し、すぐに契約先の保険会社に相談して、査定を受けるようにしましょう。

 

困ったときは、消費生活センターにご相談ください。

 

この記事に関するお問い合わせ先
やさしさ支援課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎4階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8466
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2016年6月13日