消費生活事故情報 6

生活用品等による事故情報をお知らせします。

事故情報 5

ゆたんぽでの低温やけどを防ぎましょう

就寝時にゆたんぽを布団の中で使用して、低温やけどをする事故が続いています。

低温やけどは、心地よく感じる程度の暖かさの温度でも長時間にわたって皮膚に接するとやけどをすることもあるもので、皮膚の深いところにまで達した場合には重症になることもあります。

低温やけどを確実に防ぐため、ゆたんぽの使用に際しては、就寝時にはゆたんぽを布団から出すなど、それぞれの製品の取扱上の注意等をよく確認して使用してください。

詳しくは、下記、消費者庁ホームページをご覧ください。

http://www.caa.go.jp/safety/pdf/130227kouhyou_1.pdf

この記事に関するお問い合わせ先
やさしさ支援課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎4階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8466
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2016年3月1日