成年年齢引下げに伴う新成人の消費者トラブルにご注意ください

民法改正により令和4年4月1日から成年年齢が18歳になります

成人になると、親などの法定代理人の同意がなくても、自分の意思で契約ができ、18歳になればローンを組めるようになりますが、代わりに「未成年者取消権」による取消しができなくなります。

契約を結ぶ際には、事前に契約内容を確認しましょう。

本当に支払いができるのか、自分の収入に見合った買い物をしましょう。

(注意)飲酒、喫煙などは20歳になるまで認められません。

 

 

 

 

 

 

問合せ:

■契約や買い物で「困ったな」と思ったら

消費者ホットライン 188

鴻巣市消費生活センター 048-541-1321(市役所内)

受付時間:平日10時~15時30分(12時~13時を除く)

対面または電話(予約優先)

オンライン(要予約)

 

■貸金業に関する問合せ

日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター 0570-051-051

関東財務局 金融監督第5課 048-600-1151

 

■警察に対する相談は #9110

 

この記事に関するお問い合わせ先
やさしさ支援課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎4階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8466
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2022年3月11日