民法改正による成年年齢引き下げで18歳から《大人》に

新成人の消費者トラブルにご注意!

 

成年に達すると何が変わる?

成年に達すると、親の同意を得なくても、自分の意志で様々な契約ができるようになります。

 

18歳(成年)になったらできること

 ○親の同意がなくても契約できる

  ・携帯電話の契約

  ・ローンを組む

  ・クレジットカードをつくる

  ・一人暮らしの部屋を借りる など

 ○10年有効のパスポートの取得

 ○一部の国家資格の取得

 ○結婚  (女性の結婚可能年齢が16歳から18歳に引き上げられ男女とも18歳に)

 ○性同一性障害者の性別変更請求 など

 

20歳にならないとできないこと(これまでとかわらないこと)

 ○飲酒をする

 ○喫煙をする

 ○競馬、競輪、オートレース、競艇の投票権(馬券)を買う

 ○養子を迎える

 ○大型・中型自動車運転免許の取得

 ○国民年金の被保険者資格の取得(保険料納付義務) など

 

成年に達して一人で契約する際に注意することは?

未成年の場合、契約には親の同意が必要です。もし、未成年が親の同意を得ずに契約した場合には、民法で定められた「未成年者取消権」によって、その契約を取り消すことができます。

成年に達すると、親の同意がなくても自分で契約ができるようになりますが、未成年者取消権は行使できなくなります。

つまり、契約を結ぶかどうかを決めるのも自分なら、その契約に対して責任を負うのも自分自身になります。

契約には様々なルールがあり、そうした知識がないまま、安易に契約を交わすとトラブルに巻き込まれる可能性があります。

 

しっかりと「考えて」契約や買い物をしましょう。

契約や買い物で困ったら、「鴻巣市消費生活センター」に相談しましょう

電話番号 048-541-1321(鴻巣市役所内)

受付時間 平日10時から12時 ・ 13時から15時30分

相談方法 対面・電話(予約優先)  オンライン(要予約)

 

消費生活相談

消費者庁制作チラシ「18歳から大人!」(PDF:4.5MB)

この記事に関するお問い合わせ先
やさしさ支援課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎4階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8466
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2022年4月1日