消費者月間

消費者月間とは

 昭和43年5月に施行された「消費者保護基本法」(平成16年改正により法律名を「消費者基本法」に変更。)の施行20周年を機に、昭和63年から毎年5月が「消費者月間」とされました。

令和4年度消費者月間統一テーマ

「考えよう!大人になるとできること、気を付けること~18歳から大人に~」

令和4年度消費者月間ポスター(PDF:549.6KB)

趣旨

2022年4月1日から成年年齢は18歳になり、「18歳から大人」になります。

大人になると、例えば住宅賃貸やクレジットカード等の契約を一人でできるようになると同時に、一度結んだ契約は簡単には取り消せなくなります。

できることが増える分、責任も生じることになります。消費者トラブルに巻き込まれないよう、契約は慎重に行い、「だまされない消費者」になることが重要です。

また、自分の消費が社会や世界とつながっており、未来や他者のための行動が最終的により良い社会の形成につながります。

これを踏まえ、「今だけ」「ここだけ」「自分だけ」の消費行動から転換し、人や社会、地域などにも配慮した「自分で考える消費者」になることが必要です。

そこで、このようなことについて、周囲の大人も含め、改めて考えるとともに、自分事として捉え、実践につなげるきっかけとなるよう令和4年度の消費者月間においては、「考えよう!大人になるとできること、気を付けること~18歳から大人に~」を統一テーマとして掲げます。

 

消費者庁 令和4年度消費者月間 保護者向け消費者被害防止セミナー動画

タイトル  「18歳から大人」ってどういうこと?-菊間弁護士に聞いてみよう-

■主な内容

  1. 「成年年齢引下げ」ってそもそもどういうこと?
  2. 懸念される新成人の消費者トラブル
  3. もしトラブルに巻き込まれたら
  4. 正しい知識に基づく日頃からの注意が一番の対策

消費者庁YouTube「18歳から大人」ってどういうこと?-菊間弁護士に聞いてみよう-

この記事に関するお問い合わせ先
やさしさ支援課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎4階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8466
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2022年5月18日