令和3年度定期集合狂犬病予防注射の実施について

令和3年度狂犬病予防注射について

生後91日以上のすべての犬の飼い主は、狂犬病予防法に基づき毎年1回、狂犬病予防注射を飼い犬に接種させることが義務付けられています。

令和3年度集合注射について


新型コロナウイルス感染症を防止し、犬や飼い主の皆さんが安心して予防注射を受けることができるよう、ご来場の際は次のとおりご配慮をお願いいたします。

  • マスクを着用のうえ、体調の良い方がお越しください。
  • 犬には必ず首輪をして、制御できる大人がお越しください。
  • 来場者どうしの間隔をあけ、会場での立ち話はご遠慮ください。
  • 飼い犬の健康状態に異常がある場合や妊娠している場合は受付時に申し出て下さい。

なお、今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、中止となる場合があります。その場合は、本ページ内でご案内いたします。

また、新型コロナウイルス感染防止のため、会場を変更しております。犬の飼い主の皆さまにはご不便、ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

料金

注射料金 1頭3,500円(注射料金2,950円+注射済票交付手数料550円)

新規登録手数料 1頭につき3,000円(未登録犬のみ)

狂犬病予防注射は動物病院でも接種できます。

最寄りやかかりつけの動物病院で個別に予防注射を受けていただき、動物病院で発行される注射済証、ハガキ、注射済票交付手数料550円を持参のうえ、環境課または、吹上・川里支所で注射済票の交付申請をしていただきますようお願いいたします。

令和3年狂犬病集合注射会場


 

この記事に関するお問い合わせ先
環境課計画担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8462
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2021年3月30日