ヤングケアラーへの支援について

家族等のケアをしている方を「ケアラー」といい、その中で大人が担うようなケアの責任を引き受け、家事や家族の世話、介護、感情面のサポートなどを行っている18歳未満のお子さんを「ヤングケアラー」といいます。

埼玉県が行った調査では、高校2年生の25人に1人(約4.1%)がヤングケアラーという結果が出ています。

ケアを必要とする人とケアを担う人の両方が、自分らしい生活を送れるための支援が求められています。

 

●ヤングケアラーが抱える悩み

・宿題や勉強の時間が十分につくれない

・寝不足などにより学校を休んだり遅刻してしまい、授業に集中できない

・友達や先生に家族のことを話しづらい

・希望する進学や就職が難しい

・学業や仕事と家庭のケアの両立に疲れてきた、休みたい

・自分の時間がとれない

 

 

〈ヤングケアラーが担っている主なこと〉

●市の相談窓口

○子ども・家庭の相談について

 ひとりで悩まずご相談ください

 こども家庭総合支援拠点「ここの巣」 541-1894

 

○学校生活に関すること

 学校生活に関する様々なご相談をお伺いします

 教育部学校支援課指導担当 544-1214

 鴻巣市立教育支援センター  569-3181

 

●その他の相談窓口

 親と子どもの悩みごと@埼玉

 LINEでの相談を受け付けています

 

 

 

●参考

ヤングケアラーについては、以下のホームページでも詳しく紹介しています

下記リンクを参照ください

埼玉県 ケアラー(介護者等)支援

厚生労働省 ヤングケアラー

文部科学省 ヤングケアラー

関連リンク

こども家庭総合支援拠点「ここの巣」

親と子どもの悩み事相談@埼玉~親子関係の不安や悩みをLINEで相談できます~

この記事に関するお問い合わせ先
子育て支援課支援担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2021年10月12日