4Rの推進について

 限りある資源を有効に使い、できるだけごみの排出を減らし、環境を守る。

そのための取り組みとして「3R(スリーアール)(リデュース・リユース・リサイクル)が重要です。

鴻巣市では、さらにRefuse(リフューズ)「ごみになるものを断る」を含めた

「4R(フォーアール・ヨンアール)」を推進しています。

4R

  1. Reduce(リデュース)【ごみをもとから減らす】
  2. Refuse(リフューズ)【ごみになるものを断る】
  3. Reuse (リユース)【くりかえし使う】
  4. Recycle(リサイクル)【資源として再利用する】

 4R推進のための具体的な行動は次のとおりです。

項目をチェックし、これらを実践して生活しましょう。

リデュース

  • バラ売り・はかり売り、詰め替え用の商品を選ぶ
  • 長持ちするもの(愛着の持てるもの)を購入する
  • レンタルのもの(レンタルDVD・図書館の本など)を活用する
  • 残さず食べる

リフューズ

  • マイバッグを活用して、レジ袋を断る
  • 不要なおまけ(割り箸・ストロー・本のカバーなど)は断る

リユース

  • リターナブルびん(牛乳・ビール・酒など)のものを選ぶ
  • 使い捨てのものは買わない
  • 壊れても修理して長く使う
  • フリーマーケットやリサイクルショップを活用する

リサイクル

  • 市の分別ルールにしたがってごみを出す
  • 生ごみをたい肥化する
  • 不要になった携帯電話をお店に引き取ってもらう
  • 再生材を使ったリサイクル製品を選んで購入する
この記事に関するお問い合わせ先
環境課廃棄物・リサイクル担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8462
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2016年3月1日