他のまちとの交流

友好都市(ゆうこうとし)・福島県金山町(ふくしまけんかねやままち)

 金山町(かねやままち)は、福島県(ふくしまけん)の奥会津(おくあいづ)といわれる地域(ちいき)にある町で、緑豊(みどりゆた)かな山々に囲まれた心やすらぐ場所です。

 金山町にあった横田中丸城(よこたなかまるじょう)というお城の城主(じょうしゅ)の子孫(しそん)が、吹上町榎戸(ふきあげまちえのきど)にうつり住み、長い間、眼科医(がんかい)の仕事をしていたという歴史的なつながりから、昭和57年に金山町と吹上町が友好都市(ゆうこうとし)を締結(ていけつ)しました。

 平成17年10月に吹上町が鴻巣市・川里町(かわさとまち)と合併(がっぺいご)したあとも、友好都市(ゆうこうとし)の交流を続けています。

 

友好都市(ゆうこうとし):お友達のように仲良く交流しているまち

締結(ていけつ):約束(やくそく)を結ぶこと

眼科医(がんかい):眼(め)のお医者さん

 

鴻巣市のメインキャラクター「ひなちゃん」と金山町公式キャラクター「かぼまる」

かぼまるくんは、金山町の特産品(とくさんひん)「奥会津金山赤カボチャ」の妖精(ようせい)だよ。人の集まるところが大好きで頭がカボチャ、リボンは天然炭酸水(てんねんたんさんすい)、体はまちの温泉(おんせん)をあらわしているよ。

かぼまるとひなちゃん

沼沢湖水まつり(ぬまざわこすいまつり)

 

金山町では8月第1土・日曜日に沼沢湖水(ぬまざわこすい)まつりが開かれます。

金山町にある沼沢湖(ぬまざわこ)に伝わる大蛇伝説(だいじゃでんせつ)をもとに再現(さいげん)された「大蛇退治(だいじゃたいじ)」がおこなわれます。

いかだレースやウォータースライダーなど小さなお子さんも楽しめるイベントもあります。

大蛇伝説(だいじゃでんせつ)について

今から800年以上前のこと。沼沢湖に大蛇がすみつき、村に出てきてはわるいことをして村人をこまらせていました。この話をきいた会津地方(あいづちほう)の領主(りょうしゅ)佐原十郎義連(さわらじゅうろうよしつら)は、家来(けらい)をつれて船で沼に進み出て大蛇退治(だいじゃたいじ)をしました。

 

 

大蛇伝説

金山町に遊びに行こう!

鴻巣市では、金山町との友好(ゆうこう)、交流(こうりゅう)のため、宿泊費(しゅくはくひ)の一部(いちぶ)を補助(ほじょ)しています。

1泊あたりの補助金額

くわしくは市のホームページをご覧(らん)ください

金山町へ行こう‼宿泊費を補助します

関連リンク

福島県金山町公式ホームページ

一般社団法人金山町観光物産協会

この記事に関するお問い合わせ先
総務課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2022年1月25日