年金生活者支援給付金

年金生活者支援給付金について

概要

令和元年10月から消費税率の引き上げに伴い、年金生活者支援給付金制度が始まりました。年金生活者支援給付金は、公的年金等の収入やその他の所得額が一定基準以下の年金受給者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。

老齢(補足的老齢)年金生活者支援給付金

支給要件

以下の支給要件をすべて満たしている方が対象となります。

  1. 65歳以上で、老齢基礎年金を受けている。
  2. 請求される方の世帯全員の市町村民税が非課税となっている。
  3. 前年の年金収入額とその他の所得額の合計が879,300円以下である。

給付額(令和2年度)

5,030円(月額)を基準に、保険料納付済期間等に応じて算出され、次の1、2の合計額となります。

  1. 保険料納付済期間に基づく額(月額)=5,030円×保険料納付済期間/480月
  2. 保険料免除期間に基づく額(月額)=10,856円(注)×保険料免除期間/480月
    (注)保険料4分の1免除期間は5,428円

障害年金生活者支援給付金

支給要件

以下の支給要件をすべて満たしている方が対象となります。

  1. 障害基礎年金を受けている。
  2. 前年の所得額が「4,621,000円+扶養親族の数×38万円(注)」以下である。
    (注)同一生計配偶者のうち70歳以上の方または老人扶養親族の場合は48万円、特定扶養親族または16歳以上19歳未満の扶養親族の場合は63万円となります。

 給付額(令和2年度)

・障害等級が2級の方=5,030円(月額)
・障害等級が1級の方=6,288円(月額)

遺族年金生活者支援給付金

支給要件

以下の支給要件をすべて満たしている方が対象となります。

  1. 遺族基礎年金を受けている。
  2. 前年の所得額が「4,621,000円+扶養親族の数×38万円(注)」以下である。
    (注)同一生計配偶者のうち70歳以上の方または老人扶養親族の場合は48万円、特定扶養親族または16歳以上19歳未満の扶養親族の場合は63万円となります。

給付額(令和2年度)

・5,030円(月額)
ただし、2人以上の子が遺族基礎年金を受給している場合は、5,030円を子の数で割った金額がそれぞれに支給されます。

詳しくは、日本年金機構のホームページをご覧いただくか、「ねんきんダイヤル」、「大宮年金事務所へお問い合わせください。

 

「ねんきんダイヤル」:0570‐05‐1165(ナビダイヤル)
(注)050から始まる電話番号からかけられる場合は、03‐6700‐1165
大宮年金事務所:048‐652‐3399(自動音声が流れますので、ダイヤル1→2の順に押してください。)

 

この記事に関するお問い合わせ先
国保年金課年金担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2020年6月30日