成年後見制度利用支援事業

成年後見制度支援事業

成年後見制度

成年後見制度とは、認知症や知的障がい、精神障がいなどによって判断能力が不十分となった方の権利を守るため、本人に代わって法的な手続きや財産管理、福祉サービスの契約締結などを行う「後見人」を裁判所が選任し、法律的に保護、支援をする制度です。

成年後見制度について(法務省民事局)

成年後見制度利用支援事業

成年後見制度による支援が必要であっても、申し立てをする親族がいないなどの理由により制度の利用が難しい方については、必要と認められた場合市長が申立人となり、申立てにかかる費用の助成及び後見人の報酬の一部もしくは全部を助成いたします。

 

この記事に関するお問い合わせ先
福祉課高齢者福祉担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-541-1328
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2016年3月1日