認知症気づきのチェックシート

 認知症気づきのチェックシート

まずは自分(家族)で簡単にチェックしてみましょう!

日常生活で以下のようなことがいくつか見られる、図形が描けなかったときは、認知症のサインかもしれません。早めに地域包括支援センターやかかりつけ医に相談しましょう。

認知症気づきのチェックシート
項目No 内容
1. 同じことを何度も聞いたり、言ったりするようになった。
2. 物の名前や人の名前が思いだせないことが多くなった。
3. 物のしまい忘れ、置き忘れ、さがし物が増えた。
4. 朝ごはんのメニューを思い出せないことがある。
5. 同じものを買ってきてしまうことが多くなった。
6. 今までできていた家事、計算、運転などのミスが多くなった。
7. 薬を飲み忘れることが多くなった。
8. 約束の日時・場所などを間違えたり、忘れるようになった。
9. 行き慣れた場所や道で迷うことがある。
10. ささいなことでイライラし、怒りっぽくなった。
11. ひとりになると不安感が強くなり、落ち着かなくなる。
12. 外出時、何度も持ち物などを確認するようになった。
13. 趣味や好きなテレビ番組などに興味や関心がなくなった。
14. おしゃれや身だしなみに関心がなくなってきた。
15. 外出など何をするにもおっくうになり、家にいることが多くなった。

 

図形による認知症気づきのチェック方法(PDF:163.2KB)

軽度認知障害(MCI)を見逃さないで!

MCIとは、「正常ではないけど認知症でもない状態」で、「数年後に認知症に移行する可能性がある状態」を指します。

 ≪ MCIの具体的な症状 ≫

1.「昔から知っている物の名前が出てきにくい」(あれ、それなどの代名詞を使って話すことが増える)

2.「最近の出来事を忘れることがある」(みんなで経験した出来事を一人だけ忘れていることがある)

3.「積極性が低下する」(好きな習い事に行くのを嫌がる、理由をつけて休もうとする)

4.「雑談ができにくくなった」(話についていけないことがある)

5.「約束を忘れる」(集合の日時を間違えることがある)

6.「料理に時間がかかるようになる」(物事の段取りが悪くなってくる)

*MCIなのか軽度アルツハイマー型認知症なのか区別できないこともあります。

 「あれ?ちょっと最近変かな?」そう感じた時が受診のタイミングです。少しでも気になる場合には医療機関を受診しましょう。

 

出典:「こうのす認知症あんしんガイドブック」より

 

認知症のことは「鴻巣市認知症地域支援推進員」へご相談ください

市認知症地域支援推進員(鴻巣地域包括支援センターこうのとり内)  電話048-596-2283

こうのすオレンジダイヤル(認知症なんでも電話相談)

 

 

この記事に関するお問い合わせ先
介護保険課高齢福祉担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-541-1328
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年4月4日