緊急事態宣言が延長されました

 埼玉県に発令されている緊急事態宣言が、9月30日までを期間として延長されました。

 感染力が強い変異株の影響等により、医療提供体制のひっ迫も懸念されています。

 

 埼玉県では、これ以上の感染拡大を抑えるため、次のような要請をしています。

・不要不急の帰省や旅行など県境をまたぐ移動を極力控える。
・日中も含めた不要不急の外出・移動の自粛。特に午後8時以降の外出を自粛する。
・外出する必要がある場合にも、極力家族や普段行動をともにしている仲間と少人数で、
 混雑している場所や時間を避けて行動すること。

 市民及び事業者の皆様には、これ以上、感染を拡大させないためにも、埼玉県の「緊急事態措置に基づく協力要請」に基づきご協力をお願いします。

 また、鴻巣市では埼玉県の方針を踏まえつつ、引き続き感染防止対策を徹底しながら、公共施設の開館時間の制限などを行ってまいりますので、ご協力をお願いします。

新型コロナウイルス感染症対策における公共施設の対応について

鴻巣市では緊急事態宣言発令を受け、公共施設において以下の対応を行います。

【共通事項】
・緊急事態宣言期間中における当該期間の新規利用の受付は行わない。
・原則、夜間の貸出はしない。
・各室、定員の50%以内での利用とし、手指消毒等の感染症対策を継続する。
・原則、使用料は利用日に徴収する。

【屋内公共施設】
・利用時間は午前9時から午後5時までとする。

【屋外公共施設】
・利用時間を午後8時までとする。

【鴻巣中央図書館、吹上図書館、川里図書館】
・利用時間を午後6時までとする。

【高齢者福祉施設】
・緊急事態宣言期間は休館とする。

【馬室キャンプ場】
・緊急事態宣言期間は休場とする。

 

その他詳細事項については各施設へお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先
危機管理課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1
(新館2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2021年9月13日