スクミリンゴガイの貝と卵に注意

 スクミリンゴガイは、温暖な気候を好み、水温が上がる田植時期に活性化し、雌貝は3日から4日ごとに200個から300個の卵を産卵します。その後、10日程度でふ化し、2ヶ月程度で成熟します。

 市内においても、吹上地域でスクミリンゴガイの発生が確認されています。

 貝には寄生虫が感染している可能性や、卵には毒性がありますので、絶対に触らないようにしましょう。

スクミリンゴガイ

スクミリンゴガイ

(通称:ジャンボタニシ)

水路に付着した卵

水路に付着した卵

この記事に関するお問い合わせ先
農政課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8464
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2021年4月15日