農作業中の熱中症に注意しましょう

熱中症とは、温度や湿度が高い中で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどい時には、けいれんや意識の異常など、様々な障害を引き起こす症状のことです。

熱中症の予防法

熱中症の予防には、「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です!

以下の予防のポイントを守り、十分に注意して作業を行いましょう。

暑さをしのぐ服装

・帽子の着用で直射日光を避けましょう。

・通気性の良い衣類の着用や冷却グッズを活用しましょう。

水分補給

・「のどが渇く前」に、こまめな水分補給をしましょう。

・作業時はあらかじめ休憩時間を決めるなど、こまめに涼しい場所で休憩しましょう。

熱中症になりにくい室内環境

・ハウスや畜舎等での作業時は側窓や天窓を開放して風通しをよくしましょう。

・気温が高い日や湿度が高い日には、無理な節電はせず、適度に扇風機やエアコンを使用しましょう。

複数人での作業

・1人作業を極力避け、2人以上での作業を心掛けましょう。

・周囲の人とも呼びかけ合い、少しでも体調が悪そうだと感じたら、休憩をとらせるようにしましょう。

熱中症になった時の処置は・・・

1.涼しい場所に避難させる。

2.衣類を脱がせ、身体を冷やす。

3.水分を補給する。

4.自力で水を飲めない、意識がない場合は、直ちに救急隊を要請しましょう。

 

 

農作業中の熱中症にご注意ください!(埼玉県ウェブページ)

農作業安全対策について(農林水産省ウェブページ)

熱中症予防情報サイト(環境省ウェブページ)

この記事に関するお問い合わせ先
農政課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8464
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2022年7月1日