農地の転用・農地改良

農地の転用、農地改良についてご案内します。

農地転用とは?

農地を農地以外(住宅や工場等の建物、資材置場、駐車場等)のものにすることを農地転用といいます。なお、一時的に資材置場や工事用地等に利用する場合も転用(一時転用)となります。
農地転用を行うには、市街化区域の場合は事前に農業委員会事務局への届出、市街化調整区域の場合は県知事等の許可が必要です。

農地転用には次の2通りがあります。
農地法第4条・・・農地の所有者が自ら転用する場合(農地の権利移動を伴わない転用)
農地法第5条・・・農地の所有者以外の者が転用する場合(農地の権利移動を伴う転用)

申請の手続き

市街化区域の場合(農業委員会事務局への届出)

受付締切日は、毎月10日・20日・月末です。
なお、10日・20日が土日祝日の場合は翌開庁日、月末が土日祝の場合は前開庁日です。

届出受理審査表・提出書類・留意事項 (PDF:115KB)
農地法第4条届出書(2部提出) (PDF:74.1KB)
農地法第4条届出書記入例 (PDF:354.8KB)
農地法第5条届出書(3部提出) (PDF:93.1KB)
農地法第5条届出書記入例 (PDF:368.6KB)

市街化調整区域の場合(県知事等の許可)

受付締切日は、毎月10日(土日祝日の場合は翌開庁日)です。
転用にはいくつかの基準、要件等がありますので、事前に農業委員会事務局へご相談ください。

農地改良とは?

農地に良質土を入れ、農地の保全もしくは利用の増進といった農業経営の改善を目的として行うものです。工事面積や期間等により、届出または許可申請が必要となります。
詳しくは、農業委員会事務局へご相談ください。

この記事に関するお問い合わせ先
農業委員会事務局
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8464
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2021年4月7日