令和元年分 所得税の確定申告

確定申告は、1年間に生じた所得に対する税金を精算する大切な手続きです。
申告納税制度の趣旨から、自分で正しく申告書を作成し、申告期間内に申告しましょう。

 確定申告が必要な方

【自営業者など】

  • 事業を営んでいる方
  • 農業による所得がある方
  • 不動産所得がある方
  • 土地や建物を売った方

以上の方のうち、昨年中の所得金額の合計額が、配偶者控除・扶養控除・基礎控除などの所得控除の合計額より多い方

【給与所得者(会社員など)】

  • 給与収入が2,000万円を超える方
  • 給与所得以外の所得合計額が20万円を超える方
  • 2か所以上の会社から給与を受給している方

【その他】

  • 年の途中に退職し、年末調整を行っていない方
  • 医療費控除や住宅借入金等特別控除などを受けようとする方

申告に必要なもの

  • 個人番号確認書類
  • 身元確認書類
  • 印鑑(インク浸透型のスタンプ印は不可)
  • 給与所得又は年金所得のあった方は、源泉徴収票や支払者の証明書
  • 各種領収書又は証明書(生命保険料・地震保険料・国民健康保険税・国民年金保険料・寄附金など)
  • 医療費控除を受けられる方は、医療費の明細書
  • セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)を受けられる方は、セルフメディケーション税制の明細書及び疾病予防への取組がわかる書類
  • 障害者控除の適用を受けられる方は、障害者手帳又は障害者控除対象者等認定書をお持ちのうえ、相談時に提示してください。
  • 「確定申告のお知らせ」ハガキ

注意

  • 給与所得者や年金受給者が申告する場合には、支払元(者)が発行する源泉徴収票が必要です。なお、源泉徴収税額がない場合には、還付金はありません

  • 事業所得・不動産所得などの申告をされる方は、帳簿・領収書などを整理し、収支内訳書を作成のうえ、上尾税務署へお願いします
  • 医療費控除を受ける方は、「医療を受けた方」「病院・薬局」ごとに領収書などを整理・計算し、明細書を作成のうえ、提出してください。なお、領収書の日付が平成31年・令和元年であることを必ず確認してください
  • セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)を受ける方は、「薬局」「医薬品の名称」ごとに領収書を整理・計算し、明細書を作成のうえ、提出してください。なお、領収書の日付が平成31年・令和元年であるとともに、セルフメディケーション税制対象商品であることを必ず確認してください。併せて、申告をする方の健康の保持増進及び疾病予防への取組のわかる書類(予防接種の領収書や健康診断結果通知等)の添付または提示が必要です。
  • 医療費控除とセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)はいずれか一方のみ選択可能、選択後の変更不可となりますのでご注意ください。
  • 国民年金保険料については、社会保険料(国民年金保険料)控除証明書又は平成31年・令和元年中に支払った領収書をお持ちください。国民年金保険料の支払い額については市役所では証明できませんので、直接、日本年金機構にお問い合わせください

問い合わせ/日本年金機構控除証明書専用ダイヤル 0570‐003‐004         

  • 還付及び振替納税の口座の指定には申告者本人の口座が必要です。事前に金融機関名及び口座番号を確認してください。また、振替納税の申込みには、金融機関への届出印が必要です(所得税を振替納税される方は、令和2年4月21日(火曜日)が振替日です。振替納税以外の方は令和2年3月16日(月曜日)が所得税の納期限です)
  • 所得税の確定申告書を提出した方は、市・県民税申告書の提出は不要です

 

マイナンバーの記載について

 社会保障・税番号制度の導入に伴い、平成28年分の収入に係る申告から、マイナンバーの記載が必要となりました。申告手続きの際に下記書類を必ず持参してください。

番号確認書類及び身元確認書類の写しの添付が必要になります。

扶養親族の扶養控除等の適用を受ける場合には、その親族のマイナンバーの記載が必要です。(控除対象配偶者及び扶養親族の方の本人確認書類の提示又は写しの提出は不要です)

(1)マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方

 マイナンバーカードだけで本人確認(番号確認と身元確認)が可能です

(2)マイナンバーカードをお持ちでない方

 番号確認書類と身元確認書類が必要です

(3)申告者の家族が申告に来る場合

 申告者本人の番号確認書類と身元確認書類が必要です

 

必要な確認書類(いずれもこのうち1点が必要)
個人番号確認書類

マイナンバーカード、通知カード等

身元確認書類  マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、年金手帳、健康保険証、在留カード、障害者手帳等

 

市の申告会場のご案内

 市では、所得税の還付・確定申告の臨時受付会場を設置します。市内の会場では、給与・公的年金収入・配当(分離を除く)・雑・一時所得など、総合課税の簡易な還付申告と確定申告の受付を行います。

次の(1)~(10)の申告は、上尾税務署での申告となります。市内の会場及び税務課窓口では記帳相談は行いません。申告書をすべて作成済みの場合のみ、受付でお預かりして上尾税務署へ回送します。

(1) 青色申告

(2) 事業所得(営業等・農業)、不動産所得などの申告(繰越損失を含む)

(3) 土地等の分離・総合譲渡所得に関する申告(繰越損失を含む)

(4) 株式及び先物取引などの分離課税所得に関する申告(繰越損失を含む)

(5) 住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)を初めて受けられる方の申告

(6) 雑損控除(災害や盗難、横領による損失等)の申告

(7) 過年分の申告

(8) 亡くなられた方の準確定申告

(9) 更正の請求・修正申告

(10)贈与税・消費税の申告

申告受付日程

 2月13日から下表のとおり、還付・確定申告の受付を行います。指定日に日程が合わない方は、申告日程のなかで受け付けますので、期限内の申告をお願いいたします。なお、今年から各申告会場の混雑予想を掲載しておりますので、来場の際の参考としてください。併せて、受付時間も変更となっておりますので、ご注意ください。

受付時間は午前9時から午前12時、午後1時から午後3時までとなります。

 還付申告

還付申告
とき 混雑予想 申告会場 地区

2月13日(木曜日)
2月14日(金曜日)

混雑

クレアこうのす

地区割なし

確定申告

 

申告会場 クレアこうのす
とき 混雑予想
 
地区

2月17日 (月曜日)       

非常に混雑

人形、本町、本宮町、雷電、加美、宮地、東、天神

2月18日 (火曜日)

非常に混雑

富士見町、鴻巣、ひばり野、上・下生出塚、中央、生出塚、栄町、大間、北中野、登戸、宮前、糠田、堤町、緑町、幸町

2月19日 (水曜日)

混雑

箕田、すみれ野、中井、三ツ木、愛の町、
川面、寺谷、市ノ縄、八幡田、神明、稲荷町、赤見台

2月20日 (木曜日)

混雑

原馬室、滝馬室、逆川、小松、松原、氷川町、笠原、郷地、安養寺、常光、下谷、上谷、西中曽根


申告会場 川里生涯学習センター
とき 混雑予想 地区
2月21日(金曜日)

混雑

広田、北根、赤城、赤城台

2月25日(火曜日)

やや混雑

屈巣、 関新田、新井、境、上会下

 

申告会場 吹上生涯学習センター
とき 混雑予想 地区
2月27日(木曜日)

非常に混雑

 吹上、吹上富士見
2月28日(金曜日)

非常に混雑

 筑波、吹上本町、大芦、小谷
3月 2日(月曜日)

非常に混雑

 南、榎戸
3月 3日(火曜日)

混雑

 榎戸1・2、荊原、北新宿、新宿
3月 4日(水曜日)

混雑

 鎌塚、袋、前砂
3月 5日(木曜日)

混雑

下忍、明用、三町免

 

この記事に関するお問い合わせ先
税務課特別徴収・普通徴収担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2020年1月15日