空き家バンク

空き家をどうしよう?

 現在お持ちの空き家を今後どうしようかお悩みの方は、宅建業者に相談されてはいかがでしょうか。相談は無料です。

 公益社団法人埼玉県宅地建物取引業協会彩央支部の会員である宅建業者が現地調査などを行い、アドバイスいたします。

 

活用相談の手続き

1 様式第1号「空き家活用相談申込書」と様式第2号「空き家活用相談カード」を記入して、市に提出してください。

 *様式第2号については分かる範囲でご記入ください。

2 市から「空き家活用相談案内通知書」が送付されます。

3 「空き家活用相談案内通知書」が届いたら、通知書に記載されている相談取扱者へ2週間以内に連絡をしてください。

 *相談取扱者は協会の会員である宅建業者が担当します。

4 相談取扱者に空き家の活用相談をしてください。

様式第1号 空き家活用相談申込書(WORD:13KB)

様式第2号 空き家活用相談カード(WORD:37.5KB)

空き家バンクに登録したい

 空き家バンクに登録して、売却などを希望される方は、以下の手続きをしてください。

 

物件登録の手続き

1 様式第5号「空き家バンク登録申込書」と様式第6号「空き家バンク登録カード」を記入し、以下の添付書類を添えて市に提出してください。

 *添付書類 所有者等であることが確認できる書類(建物登記事項証明書など)

2 申請後、物件調査者が協会の会員から選定され、現地調査などが行われます。

3 空き家バンクの登録が決定しましたら、市から登録通知が送付されます。

4 媒介契約、売買などの交渉は通知書に記載された「媒介をする宅建業者」と直接行っていきます。

様式第5号 空き家バンク登録申込書(WORD:13.5KB)

様式第6号 空き家バンク登録カード(WORD:49KB)

空き家バンクの利用登録

 空き家バンクに登録された物件の交渉をするには、利用登録が必要になりますので、以下の手続きをお願いします。

 また、鴻巣市以外の上尾市、桶川市、北本市及び伊奈町の空き家バンクに登録された物件の利用登録もできます。

 

利用登録の手続き

1 様式第11号「空き家バンク利用登録申込書」を記入して、以下の添付書類を添えて市に提出して下さい。

  *添付書類 身分を証明するもの(運転免許証など)の写し

2 登録が完了したら、市から登録通知が送付されます。

3 利用登録が済んだ後、物件の交渉をしたいときは、その物件の存する市町に様式第16号「空き家バンク交渉申込書」を提出してください。

4 後日、当該物件の媒介業者(協会の会員である宅建業者)から連絡があります。その後、具体的な交渉を行ってください。

 *交渉申込みをした物件の存する市町はこれらの交渉などに関して、一切関与しませんので、あらかじめご了承ください。

様式第11号 空き家バンク利用登録申込書(WORD:14.5KB)

様式第16号 空き家バンク利用登録申込書(WORD:16.5KB)

登録物件

空き家バンク登録物件
登録番号 所在地 売却・賃貸の種別 売却希望金額 詳細
物件募集中です        
例) 登録番号1 本町 売却希望 ○○円 詳細図リンク貼り付け

 

更新日:2019年4月2日