【6月25日更新】市独自の新型コロナウイルス感染症対策・支援措置

第3弾~地域の未来を育てる市独自の支援策~

2020年6月24日発表

 新しい生活様式の浸透を図り、感染拡大(第2波)の防止策と市民生活への手厚い支援を実施するとともに、市民が原動力となった地域経済の好循環を創出します。
 また、感染症の長期的な影響に対応するため「鴻巣市新型コロナウイルス感染症対策基金」を創設し、感染拡大の防止と市民生活の支援、地域経済の活性化のための施策を継続的に実施していきます。

第3弾~地域の未来を育てる市独自の支援策~(PDF:833.6KB)

第2弾~回復フェーズにつなげる市独自の支援策~

2020年6月1日発表

 5月25日に緊急事態宣言が解除されましたが、長期にわたる社会経済活動の停滞は、市民生活に甚大な影響を及ぼしました。今後地域が以前の状態に戻るまでには一定の期間を要するものと考えられ、その間第2波への警戒を緩めることなく、感染防止対策を講じた上で、市民生活と地域経済のV字回復フェーズに移行できるよう支援策第2弾を実施します。
 ※6月議会で審議する予定のため、変更になる場合があります。

第2弾~回復フェーズにつなげる市独自の支援策~(PDF:841.9KB)

 

こうのすグルメ応援隊(割引クーポン券の発行)

 市内飲食店等で500円以上の会計で使用できる200円割引券(6枚つづり)を全世帯に配布

就学援助費受給者に対する緊急支援給付金の支給

 就学援助費の支給対象となる児童・生徒1人あたり3万円を支給

水道基本料金を2か月免除

 6月検針(4・5月使用分)または7月検針(5・6月使用分)の基本料金2か月分を免除

第1弾~市民生活を守る市独自の緊急支援~

2020年5月1日発表

 新型コロナウイルスの感染拡大が市民生活に大きな影響を及ぼしていることから、市民生活を維持するための緊急支援として、特に手厚い支援を必要とするひとり親家庭等に対して緊急生活支援策を講じるとともに、テイクアウト等に取り組む飲食店の事業化支援、小規模事業者等の事業継続に必要な経済支援を迅速に実施します。

第1弾~市民生活を守る市独自の緊急支援~(PDF:452.7KB)

 

ひとり親家庭等への緊急支援給付金事業

 「ひとり親家庭」等の生活を支援するため、対象児童1人につき3万円を支給

中小企業者等支援給付金

 令和2年2月以降の売上が前年同月比5%以上減少した事業者に最大10万円を支給

家賃等支援給付金

 令和2年2月以降の売上が前年同月比5%以上減少した事業者に最大5万円支給

テイクアウト等事業支援補助金

 市内飲食業者がテイクアウトやデリバリー等の事業を実施するための経費について5万円を上限に補助

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2020年6月25日