鴻巣市人権を守る市民のつどいを開催します

「人権を守る市民のつどい」とは

市民の人権に対する意識を高め、差別や偏見のない人権が尊重されるまちづくりをめざして開催します。

日時

平成30年1月21日(日曜日)

午後1時30分から3時30分(受付開始は午後1時から)

場所

鴻巣市文化センター クレアこうのす 小ホール

鴻巣市中央29-1

内容

 鴻巣市出身で、性別を「女性」から「男性」に変え、バレエダンサーとして活躍中の名取 寛人氏を講師に迎え、自らの経験に基づいた講演のほか、人権作文の発表、集会所講座作品展も同時開催します。ぜひお越しください。(手話通訳あり)

(1)人権作文の発表(中学生2名)

(2)講演会

   講師:名取 寛人氏(バレエダンサー)

   演題:「心がバリアフリーな社会をめざして」

       ~ありのままの自分で生きていこう!~

   【著書】「スカートはかなきゃダメですか?」(理論社)

(3)集会所講座作品展

定員

230人(申込不要、先着順)

入場料

無料

natorihiroto

講師:名取 寛人氏(写真中央)

この記事に関するお問い合わせ先
やさしさ支援課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎4階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8466
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2018年1月9日