生出塚遺跡出土の人物埴輪たちが博物館へ出張展示します!

埼玉県立さきたま史跡の博物館主催 平成30年度企画展「埼玉の古墳3」

さきたま史跡の博物館企画展ポスター

 

内容

北足立・北埼玉・南埼玉・北葛飾の4郡における古墳の出現から終焉までの背景について、近年の研究成果を踏まえながら紹介されます。

今回は、鴻巣市で所蔵している国指定重要文化財の生出塚遺跡出土の武人埴輪など5点の資料が出張展示されます。(普段はクレアこうのすの歴史民俗コーナーに常設展示されています。)

また、市内の新屋敷遺跡第15号墳から見つかった猪形埴輪等も展示されますので、ぜひご覧ください。

日時

平成30年9月15日(土曜日)から11月14日(水曜日)

午前9時から午後4時30分まで開館。

10月1日、15日、22日、29日、11月12日は休館日です。

場所

埼玉県立さきたま史跡の博物館

〒361-0025 埼玉県行田市埼玉4834

観覧料

一般200円、学生100円、中学生以下および障がい者手帳をお持ちの方は無料。

詳しくは博物館へお問い合わせください。

 

埼玉県立さきたま史跡の博物館

生出塚遺跡とその出土遺物について

生出塚遺跡の埴輪出土状況写真

生出塚遺跡出土の武人埴輪

生出塚遺跡出土の貴人埴輪

生出塚遺跡出土品70点は、平成17年6月9日付けで、国の重要文化財に指定されています。

生出塚遺跡は東国最大級の埴輪製作跡で、5世紀末から6世紀末の約100年間にわたって操業されたことが明らかになっています。これまでの調査で、人物埴輪の他に円筒埴輪や馬形埴輪等さまざまな埴輪が出土しており、その量、質ともに国内屈指の内容を誇っています。

また、本窯の製品は、埼玉古墳群をはじめとして、千葉県市原市山倉1号墳など東京湾沿岸地域の古墳へ供給されたことが判明しており、埴輪の生産と供給を知るうえで大変貴重な資料です。

生出塚遺跡出土品の展示

クレアこうのす歴史民俗コーナー

生出塚遺跡の出土品は、現在クレアこうのす1階の歴史民俗コーナーにて常設展示しています。出土品図録や遺跡の概要を分かりやすくまとめたパンフレットも無料で配布しています。

また、市指定文化財も併せて展示しておりますので、ぜひご覧ください。

鴻巣市文化センター クレアこうのす

この記事に関するお問い合わせ先
生涯学習課文化財担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎3階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-1930
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2018年9月14日