中央公民館エリア「公共施設」再編研究ワークショップ

ワークショップの概要

1 ワークショップの目的

 市では現在、老朽化が進行する公共施設に対し、限りある財源の中で、将来を見据えた「施設のあり方」を検証し、より良い資産を次世代に引き継いでいくための、公共施設の最適化を進める必要性が生じています。
 今回の「ワークショップ」では、公共施設が多く集積し、老朽化が進む「中央公民館周辺エリア」をモデル地区として、地域の特性や施設の置かれている状況を踏まえ、「地域に本当に必要な公共施設」について検討します。
 

 専門家だけではなく、様々な立場の市民の皆さんが主役となって、自由な意見を出し合い、“地域の賑わい”や“活力あるまちづくり”につながる公共施設の最適化に向けた「たたき台」を一緒に作ります。

2 協力

JST-RISTEX(国立研究開発法人科学技術研究機構 社会技術研究開発センター)
研究開発プロジェクト
「地域を持続可能にする公共資産経営の支援体制の構築(通称BaSS)」
代表 前橋工科大学 堤洋樹 准教授

連携協定の締結に関する記事はこちら

3 日程・内容

会場:中央公民館

ワークショップの日程と内容
  月・日

内容(各回の実施状況は、かわら版をご覧ください。)

第1回 6月9日(土曜日)
9時30分~12時00分

テーマ【現場を知る】
最初にワークショップ全体についての説明を行った上で、地域の現状を共通認識し、対象となるエリアの見学を行いました。

中央公民館WS第1回かわら版 (PDF:1.1MB)

第2回 6月16日(土曜日)
9時30分~11時30分

テーマ【何をどうするか考える】
対象となるエリアの問題点(課題)やほしいと思うものなどを確認し、それに対する解決策や希望などを整理します。

中央公民館WS第2回かわら版 (PDF:1.2MB)

第3回 6月30日(土曜日)
9時30分~11時30分

 テーマ【考えを形にしてみる】
 グループで出た意見を具体的に配置してみます。今すぐできるものか、将来を見据えたものか、意見を出し合います。

中央公民館WS第3回かわら版 (PDF:1.2MB)

第4回 7月14日(土曜日)
9時30分~11時30分

テーマ【お互いの考え方を知る】
考えを形にして、お互いに発表します。

中央公民館WS第4回かわら版 (PDF:1.6MB)

 

この記事に関するお問い合わせ先
総合政策課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1
(新館2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-543-5480
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年8月2日