夕食が遅くなるときの食べ方のコツ

仕事の都合や、コンサートなどの用事で夕食が遅くなりそうなとき。

あまり遅い時間に食べると、食べたものが体脂肪として蓄積されやすくなったり、

体内時計が狂ってしまったりと困ったことが起こります。

ここでは、できるだけ体に負担をかけない食べ方のコツを紹介します!

どうしても遅くなるときは「分食」してみましょう

1.先に軽く主食を摂る

小さめのおにぎりやパンなど、主食(炭水化物)を先に食べておきます。

パンは、菓子パンではなく、食パンやロールパンなど甘さ控えめのものがおすすめです。

食べる時間は、朝食の時間から12時間後を目安にしてみましょう。

夕方から、できれば夜8時までに食べられるとよいでしょう。

そうすると、炭水化物のエネルギーを活動時間に使うことができるので、

体脂肪として体に蓄積されにくくなります。

先に軽く主食を摂る

2.帰宅後に軽く主菜・副菜を摂る

できるだけ低脂肪で、消化のよいメニューがおすすめです。

炭水化物はすでに摂っているので控えめにしましょう。

<主菜の例> 納豆、豆腐、ささみ、ゆで卵など

<副菜の例> おひたし、野菜スープなど

帰宅後に軽く主菜・副菜を摂る

関連リンク

主食・主菜・副菜のそろった食事をしましょう

この記事に関するお問い合わせ先
健康づくり課健康増進担当
〒365-0032
埼玉県鴻巣市中央2-1(鴻巣保健センター内)
電話:048-543-1561
ファックス:048-543-5749
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2018年1月4日