第1回 ~ふるさと鴻巣に息づくコウノトリ~

鴻巣市のシンボル 「こうのとり」

 

 コウノトリは、鴻巣の地名の由来ともいわれる「こうのとり伝説」にも登場し、市民にとってとてもなじみの深い生きものです。

 

 街中のいたるところで、コウノトリを見つけることができます。
 皆さんはいくつ知っていますか?

街中のコウノトリ

 

 

 市のメインキャラクター「ひなちゃん」や鴻巣市シンボルマークもコウノトリがモチーフとなっており、鴻巣市のシンボルとして親しまれています。




ひなちゃん

コウノトリのひながモチーフとなっている
鴻巣市メインキャラクター ひなちゃん

 

 

 

 

 

 

 

鴻巣市シンボルマーク

 

鴻巣市シンボルマーク
右の部分は、羽ばたくコウノトリをイメージしています

 

 

 

 

 

 

 

豊かな自然のシンボル 「コウノトリ」

 

 コウノトリは、鴻巣市がすすめる 「人にも生きものにもやさしいまちづくり」 のシンボルにもなっています。

 コウノトリが、自然と共存する持続可能な地域づくりのシンボルとなる理由をまとめてみました。

 

理由1   生物多様性のシンボルであるため

 コウノトリは、水辺の生態系ピラミッドの頂点に立つ生き物です。
 コウノトリが年間を通じて生息、そして繁殖するには、その地域に多様な環境(河川、農地、水路、雑木林、森林、湿地等)があり、かつそれぞれの環境に生きものが豊富に存在する「豊かな生態系」が整っている必要があります。
 このことは、その地域に暮らす人間にとっても安心・安全な環境にあるといえます。

 

生態系ピラミッド

 

理由2   人と自然の共生のシンボルとなるため  

 コウノトリは、元々、人々の暮らしに近い水辺・里山を生息環境とする鳥です。
 また、幸せを呼ぶ存在として親しまれやすいことから、人との共生のシンボルになり得る存在と言えます。
 加えて、コウノトリと共存する安心・安全な地域づくりは、環境面のみならず、農業・観光・商工・教育などのまちづくり全体への波及効果、多面的な地域づくりへの効果が期待されます。

 

 

鴻巣市コウノトリの里づくり基本計画を策定しました

 

 「人にも生きものにもやさしいまちづくり」 をより具体的にすすめていくため、
「鴻巣市コウノトリの里づくり基本計画」を策定しました。コウノトリの里づくり基本計画 表紙

 

 この計画に沿って、具体的な取組をすすめています。

 

 

 

「鴻巣市 コウノトリの里づくり基本計画」(PDF:6.9MB)

この記事に関するお問い合わせ先
環境課コウノトリの里づくり担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8462
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2016年7月5日