電気自動車e-NV200が廃食油の回収で活躍中です

日産自動車より無償貸与されたe-NV200が廃食油の回収で活躍しています。

 

日産自動車株式会社の「電気自動車活用事例創発事業」により無償貸与された電気自動車e-NV200を、市内公共施設における廃食油の回収に活用しています。

電気自動車貸与式についてはこちら

e-NV200の活躍によりさらに環境にやさしい事業に

鴻巣市では、家庭から排出される廃食油を回収して、環境に配慮したバイオディーゼル燃料を精製し、公共施設の燃料として利用しています。バイオディーゼル燃料を投入した分、化石燃料を燃やさないで済むため、CO2排出量の削減を図ることができる温暖化防止に役立つ事業です。

今年度から、日産自動車から無償貸与された電気自動車e-NV200を廃食油の回収に使用しています。電気自動車は、走行中にCO2やNOXなどの排気ガスをまったく出さないため、さらに環境にやさしく事業を行うことが出来ています。この電気自動車の導入により年間100kgのCO2を削減することが出来る予想です。

廃食油回収事業についてはこちら

今後廃食油回収以外での活躍も期待

また、今後、廃食油の回収以外にも市の公用車としての利用や、災害時の非常用電源車としての利用を予定しています。

更新日:2016年8月29日