ブックスタート事業

KONOSU「ブックスタート」を実施しています!

 鴻巣市では、KONOSU「ブックスタート」と称し、ブックスタート事業を実施しています。

 地域に生まれたすべての赤ちゃんが、絵本を開くことで、誰もが楽しく、赤ちゃんとゆっくり、心ふれあうひとときをもてるように・・・。また、すべての赤ちゃんが大きな愛情に包まれて、幸せを感じながら成長することができるように・・・。そんな願いを込めて4か月健診の会場でその体験と一緒に絵本が入った「スタートパック」をプレゼントします。

4か月健診の会場でお待ちしています。

「ブックスタート」ってなに?

 ブックスタートとは、地域に生まれたすべての赤ちゃんに、絵本を開く楽しい体験とともに、絵本を手渡すことで、赤ちゃんと保護者がゆっくり向き合い、楽しくあたたかい時間を持つきっかけをつくり、赤ちゃんの健やかな成長を応援する活動です。

なぜ「赤ちゃん」なの?

 まだ、字を読むことも、言葉の意味を理解することができない赤ちゃんでも、絵をじっと見つめたり、指差したり、読んでくれる人を見つめて、その声に耳を澄ませたり、かじったりなめたりと、赤ちゃんなりの絵本の楽しみ方があります。絵本を「読む」のではなく、大好きな人と一緒に、その楽しいひとときを「分かち合う」・・・。そのきっかけを、できるだけ早い時期に届けたいからです。

「スタートパック」の中身は?

ブックスタート

  • コットンバック(Bookstartロゴマーク入り)
  • 絵本(3種類のうち1冊)
  • イラストアドバイス集
  • 図書館利用案内(利用者登録票)
  • おはなし会案内
  • ブックリスト
  • KONOSUひなちゃんの子育てマップ
  • メッセージカード

中身は変わることがあります。 

健診会場でのブックスタート体験方法は?

  •  4か月児健康診査の会場受付で、「ブックスタート用の番号札(黄色)」を受取ります。
  • 健診の待ち時間を利用し、スタッフが番号札順に、「ブックスタートコーナー」にご案内します。
  • スタッフが絵本の紹介をしながら、赤ちゃんと保護者の方にお話をさせていただきます。
  • 「スタートパック」をお渡しします。また、母子手帳には、「ブックスタート体験済スタンプ」を押してお返しします。
  • 4か月児健康診査にお戻りいただきます。
  • ご家庭にお持ち帰りいただいた「スタートパック」は、「ブックスタート」の体験をもとにご活用ください。

「ブックスタート」コーナーの様子とおすすめ絵本の紹介

(写真)ブックスタートの様子

(写真)おすすめ絵本

赤ちゃんと絵本の出会い

赤ちゃんは、字を読むことも、言葉を話すこともできませんが、スタッフが絵本を開くとすぐに反応してくれます。お話をするスタッフの顔や口元を見つめたり、絵本の絵に手をのばしたり、声を発したり、笑顔を見せたり、反応はさまざまですが、不思議とほとんどの赤ちゃんが嫌がる様子を見せません。絵本がいいのは漠然と解かっているお母さんでも、「まだ、早いと思う。」とおっしゃる方がいます。しかし、ブックスタートを体験したあとは、「ぜひ家に帰っても絵本を見せてあげたい」と言ってお帰りになります。絵本は、赤ちゃんをとりまく周りの人たちがとても幸せになれる道具となります。スタッフも赤ちゃんと楽しい時間を過ごさせていただいています。

おすすめ絵本について

スタートパックに入っている絵本のほかにも、おすすめの絵本がたくさんあります。0歳から2歳児におすすめの絵本リストが入っていますので参考にしてください。なお、リストにある絵本は、市内の図書館で借りることもできます。図書館の利用案内や利用者登録票も入っていますので、この機会に赤ちゃんのお名前で利用者登録をして、赤ちゃんのお名前で絵本を借りてみてはいかがでしょうか?

ボランティアスタッフを募集します!

内容

4か月健康診査会場にて、赤ちゃんへ絵本の読み聞かせ。保護者に絵本を手渡し、市の子育て情報等のご案内をしていただきます。

募集対象

子育て支援業務経験者、子育て経験者等

日時・場所

月1回程度で可能な日
午後12時30分~午後2時(予定) 鴻巣保健センター及び吹上保健センター
 

申込みについて(随時募集)

こども未来課 048-541-1894(直通)までご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先
こども未来課子育て支援担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1
(新館1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2017年8月31日