ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 上下水道 > 水道週間について(実施報告)

本文

水道週間について(実施報告)

ページID:0024928 更新日:2024年6月17日更新 印刷ページ表示

6月1日から6月7日は水道週間です

水道週間は、国土交通省及び環境省、都道府県をはじめ各市町村の水道事業体等によって実施される様々な広報活動等の運動を通して、水道利用者の皆様に対して、水道の現状や課題について理解を深め、今後の水道事業の取組について協力を得ることを目的として毎年実施され、今年で66回目を迎えます。今年のスローガンは、「たいせつに みずはみんなの たからもの」です。

実施期間

令和6年6月1日(土曜日)から6月7日(金曜日)まで

第66回水道週間スローガン

「たいせつに みずはみんなの たからもの」

鴻巣市の広報活動

市上下水道部も水道事業体として水道週間に合わせ、水道利用者の皆様に向けた様々な広報活動を行いました。

1 懸垂幕の設置

市役所本庁舎、浄水場への懸垂幕の設置等を行いました。

市役所本庁舎

2 パネル展示【新規】

期間中、市役所本庁舎1階ロビーにおいて、水道事業に関するパネル等を展示しました。水道水を供給している仕組みや事業の課題、能登半島地震における市の取り組みなどをお知らせしました。

パネル展示

 

3 応急給水体験コーナーの設置【新規】

市役所本庁舎敷地内にて、給水車と仮設給水タンクによる災害時の応急給水体験コーナーを設置しました。

 

日時

6月4日(火曜日)、5日(水曜日)の10時から14時まで

場所

市役所本庁舎敷地内

給水車展示

 

仮設給水タンク

本市も参加した能登半島地震における避難所での応急給水対応を再現しました。