ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > コウノトリ野生復帰センター > 冬期湛水管理の実施者を募集中!

本文

冬期湛水管理の実施者を募集中!

ページID:0019267 更新日:2023年11月6日更新 印刷ページ表示

生きものにやさしい自然環境づくり補助金のご案内

1 事業の概要
  市では、コウノトリをシンボルとして、人にも生きものにもやさしいコウノトリの里づくりを進めています。豊かな自然環境づくりの一環として、本市の貴重な自然環境である農地の地力を維持し、多くの生きものを育む「冬期湛水管理」の取組に、予算の範囲内で補助金を交付します。


「冬期湛水管理」とは?

 11月から2月までの間のおおむね2ヵ月以上、耕作していない農地を常に湛水し、無農薬で管理することをいいます。冬の間、水を張り、無農薬で管理することで、水鳥や水生昆虫など、多くの生きものが生息しやすい環境になります。


2 対象者
 市内の農地で冬期湛水管理を実施する地権者及び実施者(住所地は問いません)


3 応募の要件
 次の要件を全て満たすことが必要です。

(1)農地の地権者及び実施者が、冬期湛水管理の実施に同意済であり、市税の滞納がないこと。地権者が複数人の場合は、全員が了承済であること。

(2)隣接する土地関係者の了承を受けていること。

(3)他の補助制度と重複しての申請はできない。


4 補助金額(予算上限に達し次第終了)
 冬期湛水管理の補助金額
 補助対象経費 交付単価
 地権者への協力金  10アールあたり 6,000円
 実施者への補助額  10アールあたり14,000円

 ※100円未満の端数は切り捨てます


5 申請方法
 提出書類 / 1.交付申請書

        2.冬期湛水管理実施箇所の位置図・写真(実施者のみ)

 提出方法 /  提出書類に記入の上、鴻巣市コウノトリ野生復帰センターに持参してください。

        予算の範囲内での実施のため、
       申請をご希望の方は、まずは下記担当までご相談ください。
        (実施する予定箇所の確認等をさせていただきます。)


【交付申請書様式】
 地権者用、実施者用を併せて提出してください。
 地権者と実施者が同じ場合は、実施者用を提出してください。