市長フォトコラム(最新版)

屈巣小学校の校庭を芝生化

 10月14日(水曜日)に、屈巣小学校の校庭芝生化のお披露目式に出席しました。

 本市では、鴻巣の将来を担うのすっ子の皆さんに、元気に体を動かしていただくとともに、環境問題に関心を持ってほしいという思いから、平成24年度から「みどりの校庭推進事業」として校庭の芝生化を進めており、今年度で10校目となりました。令和元年度末現在の本市の校庭芝生化率(実施校9校/学校数27校)は33.3%で、県内2位となっています。

 芝生化には、けが防止や運動能力の向上、リラックス効果、砂塵の飛散防止、校庭のぬかるみ防止、温暖化防止、環境問題への意識向上など、様々な効果が期待されています。

 児童の皆さんには、みどりの校庭で思いっきり運動して、のすっこ宣言にもあるとおり、健康な心と体をつくってほしいと思います。

青々とした校庭

青々とした校庭

元気いっぱいに「鴻巣はつらつ体操」を披露

元気いっぱいに「鴻巣はつらつ体操」を披露

サプライズ花火を打上

 本市を代表する一大イベント「こうのす花火大会」は、昨年は台風の影響により中止、今年は新型コロナウイルス感染症の影響により開催見送りとなってしまいました。毎年、市内外から多くの皆さんにご来場いただいており、楽しみにされていた方も多かっただけに、私も大変残念に思っています。

 このような中、鴻巣市商工会青年部の皆さんにより、「市民の皆さんにひと時でも心を和らげていただきたい」「コロナ禍で我慢続きだった子どもたちへ夢と希望を届けたい」「コロナウイルス終息祈願」「医療従事者への感謝」等の願いとエールを込めて、10月11日(日曜日)に、サプライズ花火を打ち上げていただきました。

 密集を避けるため、事前の告知は行いませんでしたが、当日は、商工会青年部のYouTubeチャンネルでも中継されましたので、ご覧になった方も多かったのではないでしょうか。

 コロナ禍により先行きが不透明な中、多くの市民の皆さんに、不安な気持ちを払拭してくれるような素敵なサプライズを届けてくれた商工会青年部の皆さん、煙火打上業者の皆さんに、心から感謝します。来年こそは、鴻巣の夜空に再び、たくさんの大輪の花が咲くことを願っています。

夜空に咲いた色とりどりの花火

夜空に咲いた色とりどりの花火

夜空に咲いた色とりどりの花火

10月1日は「市民の日」

 本日10月1日は「市民の日」です。本来であれば、合併15周年の記念式典を開催し、市民の皆さんと一緒にお祝いしたいところですが、残念ながら新型コロナウイルス感染症の影響により、令和3年3月26日(金曜日)に延期しました。

 今年は、合併15周年を迎える特別な年であることから、「市民の日」記念事業を、例年の「小・中学校給食の記念献立」、「コミュニティバス『フラワー号』の運賃無料」、「弦楽合奏団アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾ第24回定期演奏会の入場無料」に加え、「こうのすシネマでのワンコイン映画鑑賞」、「クレアこうのす大ホールでのピアノ貸切演奏」、「季節の花苗プレゼント」といった様々な記念事業を、感染症対策を施しながら実施します。

 事業の詳細については、広報かがやき9月号及び市ホームページでお知らせしていますが、市民の皆さんにも、ぜひこれらの事業へ参加していただき、この記念すべき年を盛り上げていただきたいと思います。

 そして、本日、これまでの17人の「こうのす観光大使」に加えて、新たに、オペラ歌手の神田梓さん、声優・振袖さんの石崎智子さん、津軽三味線奏者の山中信人さん、バイクタレントの岸田彩美さん、冒険家の吉田智輝さんの5人を任命させていただきました。今後、22人の観光大使の皆さんに、ご活躍されているそれぞれの分野で本市の魅力を広く発信していただくことで、本市のさらなるイメージアップ及び観光振興が図られるものと期待しています。

 また、本日から、YouTube鴻巣市チャンネルにて、観光大使の皆さんから寄せられた動画メッセージを公開しましたので、ぜひご覧ください。

懸垂幕でPR

懸垂幕でPR

新たに任命した観光大使の皆さんと記念撮影

新たに任命した観光大使の皆さんと記念撮影

この記事に関するお問い合わせ先
秘書課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2020年10月15日