『都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)』制度を活用した事業

『都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)』とは

『まちづくり交付金』は、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした地域主導の個性溢れるまちづくりを実施し、都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域生活・社会の活性化を図るための制度で、平成16年度より創設されました。

平成22年度より、国土交通省所管補助事業一元化に伴い、「まちづくり交付金」は、「社会資本整備総合交付金」の中の基幹事業の一つである「都市再生整備計画事業」として位置付けられております。(※「社会資本整備総合交付金」の概要については、以下のリンクをご参照ください。)

社会資本総合整備計画の公表について

 現在、鴻巣市では、この『都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)』制度を活用している地区はありませんが、既に計画期間が完了し、事後評価シートの公開を行っている地区(フォローアップ調査含む)を行っている地区は、下記の地区(「鴻巣駅周辺地区」は除きます)です。

『都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)』事後評価・フォローアップの公表

鴻巣駅東口地区(平成16年度から平成20年度)(PDF:1.3MB)

原馬室・滝馬室地区(平成16年度から平成20年度)(PDF:1.3MB)

三ツ木・中井地区(平成16年度から平成20年度)(PDF:850.8KB)

川里中央地区(平成17年度から平成21年度)(PDF:1.2MB)

北鴻巣駅西口地区(平成18年度から平成22年度)(PDF:1.2MB)

北新宿第二地区(平成19年度から平成23年度)(PDF:1.2MB)

鴻巣駅周辺地区(平成21年度から平成25年度)(PDF:2.5MB)

※上記の地区をクリックすると、各地区の「都市再生整備計画」が見られます。(PDF形式)

なお「都市再生整備計画」は、都市整備部都市計画課でいつでも閲覧可能です。

制度の概要

都市再生整備計画事業の交付期間は、概ね3年から5年です。

  1. まちの課題
  2. 都市再生整備計画の策定

※市町村は地域の特性を踏まえ、まちづくりの目標と、目標を実現するために実施する各種事業等を明記した『都市再生整備計画』を作成します。 

  1. 事業終了年度時における事後評価の実施
  2. 市民の反応の確認(事後評価)

※交付期間終了年度時、市町村は目標の達成状況等に関する事後評価を実施し、その結果について公表します。

 また、事後評価後はその評価が正しかったか、フォローアップ調査を実施し、効果の検証に努めます。

この記事に関するお問い合わせ先
都市計画課計画担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8464
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2016年3月1日