権利変換計画について

 組合施行の再開発事業では権利変換計画が必要となります。権利変換とは従前の資産(土地や建物等)を再開発ビルの床に等価で置き換えることです。

権利変換のモデル

(イラスト)権利変換計画の概要

「従前」

 権利変換前の組合員の資産を表したものです。

「従後」

 再開発事業後に組合員の資産がどのように置き換えられたかを表したものです。

この記事に関するお問い合わせ先
市街地整備課再開発担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1
(本庁舎2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8463
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2016年3月1日