【日本一】鴻巣‐吉見間を流れる荒川の川幅(2,537m)

川幅日本一の標

(写真)川幅日本一の石碑の画像

 鴻巣市と吉見町の間を流れる荒川の川幅は2,537メートルあり、日本一です。普段の川幅は数十メートル程度ですが、国土交通省は河川敷を含めた堤防間を「川幅」と定めています。御成橋のたもとと吉見町の堤防に「川幅日本一の標」が建てられています。

設置場所

鴻巣市滝馬室地内(荒川左岸・御成橋のたもと)1基、吉見町大和田地内(荒川右岸堤防)1基

設置時期

平成20年3月22日

看板構造

サインポール(高さ5メートル 直径0.71メートル)

「川幅日本一の標」除幕式典が開催されました

(写真)川幅日本一除幕式典の画像

とき/平成20年3月26日

ところ/荒川河川敷右岸(吉見町大和田地内)

主催/埼玉県
 

この記事に関するお問い合わせ先
秘書課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1
(新館2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2016年3月1日