【日本一】マリーゴールドの出荷量(年間138万本:平成18年度)

(写真)マリーゴールドの画像

 春まきの一年草で、性質が丈夫で育てやすく、夏の花壇の材料としてよく利用されます。アフリカン種(万寿菊)とフレンチ種(孔雀草)の2系統に大別されます。アフリカン種は草丈30センチメートルから90センチメートルを越す大型のものまであり、フレンチ種は草丈が低めで、プランター植や鉢植えにも適します。花の色はオレンジ・イエロー・クリーム色などがあり、八重咲き・一重咲きなどがあります。また、マリーゴールドは土の中に潜むセンチュウという虫を駆虫する目的で植えられることもあります。

平成18年度市町村別マリーゴールド出荷量(農林水産省調べ)

第1位 鴻巣市(138万本)

第2位 千葉県千葉市(78万本)

第3位 福岡県朝倉市(59万本)

第4位 福島県中島村(54万本)

第5位 北海道新篠津村(45万本)
 

この記事に関するお問い合わせ先
秘書課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2016年3月1日