ひきこもり相談窓口

「ひきこもり」の定義 

 「ひきこもり」とは、自宅にひきこもって学校や仕事に行かず、家族以外と親密な対人関係がもてない状態が6ヶ月以上続いている状態をいいます。

「ひきこもり」は精神疾患ですか?

「ひきこもり」自体は、精神疾患ではありません。
「ひきこもり」には、精神疾患や発達上の問題が関連している場合もあります。

「ひきこもり」が続くとどうなりますか?

「ひきこもり」が続くと、「人と会うと緊張する」「生活のリズムが乱れる」などの現象が起こってきます。

外出する人は、「ひきこもり」ではありませんか?

夜中にコンビニなどに出かけてはいますが、家族以外の人との親密な交流がない場合、「ひきこもり」かもしれません。

「ひきこもり」の家族に対して、どのような対応をすればいいですか?

背景も状況も様々なので、個人の特性を把握しながら対応することが大切です。
一人で悩むことなく、専門機関に相談して、家族や相談機関と一緒に考えていきましょう。

「ひきこもり」相談窓口

こころの健康相談

鴻巣市健康づくり課(鴻巣保健センター)

こころに関する全般的なご相談に対し、保健師や臨床心理士がお話を伺います。
内容によっては、他機関のご利用をお勧めすることがあります。

 電話相談  048(543)1561 平日8時30分から17時15分
 来所相談(予約制)  お問い合わせください

思春期(ひきこもり)相談

埼玉県鴻巣保健所

 毎月第2火曜 13時30分から15時30分(予約制)
 電話 048(541)0249  平日8時30分から17時15分

 ひきこもり相談

埼玉県ひきこもり相談サポートセンター(NPO法人越谷らるご内)

 埼玉県越谷市千間台東1-2-1白石ビル2階(せんげん台駅徒歩1分)

  電話・来所相談 月・水~土 10時から18時
  電話 048(971)5613
  メール相談 center@k-largo.org 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先
健康づくり課健康増進担当
〒365-0032
埼玉県鴻巣市中央2-1(鴻巣保健センター内)
電話:048-543-1561
ファックス:048-543-5749
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2018年7月23日