水害ハザードマップを作成します

市では、現在公開中の洪水ハザードマップを見直し、水害ハザードマップを新たに作成しています。
令和2年9月15日(火曜日)に広報と併せて配布する予定です。なお、広報が届かない方は危機管理課窓口または、お近くの支所、公民館にてお渡しします。
水害に備えて、ご家族や地域の防災活動に御活用ください。

現行の洪水ハザードマップとの違い

・A1サイズ(折りたたみ式)で作成
 地図のサイズが大きくなるため、ご自宅の場所を確認しやすくなります。

・想定雨量の基準を「200年に一度の大雨」から「千年に一度の大雨」に変更
 豪雨等により荒川、利根川、小山川の水かさが増え、氾濫した時の最大の浸水状況を表します。

・避難所について
 避難所の位置を分かりやすく表記します。水害が発生する前に安全な場所に避難しましょう。

・その他水害に備える機能を追加

その他のハザードマップ

地震ハザードマップ、土砂災害ハザードマップについては、現行のハザードマップ(下部リンク)をご確認ください。

鴻巣市防災マップPDF版

この記事に関するお問い合わせ先
危機管理課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2020年7月11日