【中止】令和2年度定期集合狂犬病予防注射

 令和2年度 定期集合狂犬病予防注射は、令和2年4月9日以降に開催を予定していたすべての日程において中止しました

 令和2年度定期集合狂犬病予防注射は、令和2年4月7日に発令された緊急事態宣言を受け、新型コロナウイルス感染症まん延防止対策の観点から、4月9日以降に開催を予定していたすべての日程を中止しました。

 現在、埼玉県内でも新型コロナウイルス感染症の感染者が増加しており、医療の供給体制がひっ迫する状況などが懸念されています。少しでも人の移動に伴うリスクを軽減し、感染拡大を防止するため、集合予防注射は中止させていただくこととしました。

 お一人、お一人の冷静な行動が、多く方の命を救います。

 犬の飼い主の皆さまにはご不便、ご迷惑をおかけしますが、大切な命を守るために、皆様のご理解とご協力をお願いします。

 

狂犬病予防注射は動物病院で受けられます

 犬の登録と狂犬病の予防注射は法律により飼い主に義務付けられています。

 狂犬病は発症すると、ほぼ100パーセントの致死率である大変恐ろしい病気で、世界では毎年5万人以上の死者を出しております。国内では発生していませんが、国外で感染した人が帰国後に発症し、死亡した事例がありました。

 狂犬病を防ぐためには予防注射が最も有効ですので、最寄りやかかりつけの動物病院で必ず接種してください。

 

 動物病院で狂犬病の予防注射を接種した場合は、環境課または、吹上・川里支所で注射済票の交付申請をしてください。

《お持ちいただくもの》
・動物病院で発行される「注射済証」
・予防注射の案内はがき
・注射済票交付手数料 550円

 

 詳細につきましては、下記ページをご参照ください。

犬を飼い始めたら/鴻巣市ホームページ

 

 なお、予防注射の料金については、注射を受ける動物病院にお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先
環境課計画担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8462
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2020年4月9日